サンドブラストついに導入!

サンドブラスト加工の価格表はこちら!

↑これが自慢のブラストマシーンだ!

まずは下のブラスト前の写真を見てもらいたい。これは只今レストア中のRV50(バンバン50)のリヤショックなのだが、御覧の通りサビサビの状態だ。しかし、このような状態でも自慢のブラストマシンにかかればあ~ら不思議!?下のブラスト後のような「アンビリーバボー!」な状態になるのだ!


今使っているメディア(砂)は「アルミナ」といってアルミの砂で、メディアの中ではいちばん研摩力があり、あっという間にこのような状態になってしまう。このリヤショック1本にかかる時間は、約3分だ。研摩するものがアルミの場合は「アルミナ」でブラストしたそのままが一番綺麗でしょう。

もちろんブラスト処理の希望があれば受け付けますので御相談下さい。料金的には、例えばこのリヤショック1本で1000円というところです。大きさの上限はモンキーのエンジンまるごとまでですが、処理のやりやすさから言うとクランクケースカバー位までが丁度いい大きさです。料金も大きさや複雑な形とかによって変わりますのでその都度御相談に応じます。大量に処理する場合にはそれに応じて安価で対応したいと思います。お問い合わせは outline@shikoku.ne.jp までどうぞ!

ブラスト前↓

ブラスト後↓

さらにガラスビーズブラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です